TOP > ニュース > いのちのとりで裁判3地裁あて署名と国向け署名へのご協力のお願い

ニュース

いのちのとりで裁判3地裁あて署名と国向け署名へのご協力のお願い

2020.10.10

いのちのとりで裁判全国アクションはさまざまな支援を募っております

「生活保護制度の充実と活用を求める緊急署名」オンライン署名はこちら
https://forms.gle/hQKpMPKmw7hWDuJz5

連日のご奮闘、お疲れ様です。

また、いのちのとりで裁判全国アクションへの日頃からのご支援に感謝申し上げます。

厚生労働省は2013年8月から3年間で生活保護基準を平均で6.5%、最大10%の引き下げを行いました。これに対して全国29か所で1000人を超える生活保護利用者が「生活保護法と憲法に違反する」と提訴しました。

この“いのちのとりで裁判”の最初の判決が名古屋地裁で言い渡され、請求棄却としました。判決は自民党の政策の影響を受けていた可能性を認めながら、自民党の政策は「国民感情や財政事情を踏まえたもので」厚生労働大臣が、これらの事情を考慮して生活扶助基準を改定できることは明らかであるとしました。司法の役割を放棄し政権に忖度した判決は、憲法第25条が示す生存権を「生きてさえいればいい」とする最低最悪の内容でした。こうした判決を許させないために、あらゆる運動を強めていく必要があると考えています。

2020年度内に、北海道、東京(はっさく訴訟)、大阪、福岡の4か所で判決が出される見通しです。つきましては、下記の内容でご協力をお願いしたく要請するものです。お忙しいところ誠に恐縮ですが、ご検討のほどよろしくお願いします。

1 次の3つの地裁あて署名についてご協力をお願いします。
札幌地方裁判所、大阪地方裁判所、福岡地方裁判所

いのちのとりで裁判全国アクションの署名用紙札幌地裁宛署名用紙ダウンロード(PDF)

いのちのとりで裁判全国アクションの署名用紙大阪地裁宛署名用紙ダウンロード(PDF)

いのちのとりで裁判全国アクションの署名用紙福岡地裁宛署名用紙ダウンロード(PDF)

3種類をまとめてするか1種類にするかは、貴組織でご検討ください。集まったものは、札幌、大阪、福岡の各支援組織に直接お送りください。

・締め切り 2021年1月末


2 「生活保護制度の充実と活用を求める緊急署名」(国向け)のご協力をお願いします。

オンライン署名はこちら
https://forms.gle/hQKpMPKmw7hWDuJz5

いのちのとりで裁判全国アクションの署名用紙 署名用紙ダウンロード(PDF、カラー)

いのちのとりで裁判全国アクションの署名用紙署名用紙ダウンロード(PDF、モノクロ)

締め切り
2021年1月末 最終集約3月末

・全国署名の送付先
〒160‐0022 東京都新宿区新宿5-12‐15
KATOビル3階 全生連気付 いのちのとりで裁判全国アクション


3 貴組織で「いのちのとりで裁判」や名古屋地裁判決の問題点、今後の取り組みについての学習会など企画の検討をお願いします。

以上

いのちのとりで裁判全国アクション事務局

» お知らせ一覧にもどる


Copyright (C) いのちのとりで裁判全国アクション All Rights Reserved.

PAGE TOP