TOP > ニュース > 厚労大臣に生活保護基準引き下げの撤回と生活保護「改正」法案の一部削除等を求めました

ニュース

厚労大臣に生活保護基準引き下げの撤回と生活保護「改正」法案の一部削除等を求めました

2018.03.20

定塚社会援護局長に稲葉剛共同代表から要望書を手渡しました
定塚社会・援護局長に稲葉剛共同代表から要望書を手渡しました

2018年3月19日、定塚由美子厚生労働省社会・援護局長と面談し、生活保護基準引き下げの撤回と生活保護「改正」法案の一部削除を求める要請書を署名(追加提出分1万2946筆、これまでの総計7万8860筆)とともに手渡しました。

社会援護局長が署名(一部)の箱を受け取りました
社会・援護局長が署名(一部)の箱を受け取りました

山井和則衆議院議員(希望)、初鹿明博衆議院議員(立民)、高橋千鶴子衆議院議員(共産)、山本太郎参議院議員(自由)も立会いのもと、当事者4名が厳しい生活の実情を訴えました。

山井議員、初鹿議員、高橋議員、山本議員にもご同席いただきました
山井議員、初鹿議員、高橋議員、山本議員にもご同席いただきました
当事者4名が切実な生活実態を訴えました
当事者4名が切実な生活実態を訴えました
いのちのとりで裁判全国アクション

残念ながら今回はかないませんでしたが、3月5日の予算委員会で山本議員の質問に対して安倍首相が「当事者の声は担当の加藤大臣はじめ厚生労働省がしっかり聞く」旨答弁したとおり、私たちは引き続き政務三役(大臣、副大臣、政務官)が直接当事者の声を聴く場の設定を求めていきます。

要望書のPDFはこちらからダウンロードできます

面談終了後、厚生労働記者会で会見を開きました
面談終了後、厚生労働記者会で会見を開きました

» お知らせ一覧にもどる


いのちのとりで裁判全国アクション いのちのとりで裁判全国アクション
Copyright (C) いのちのとりで裁判全国アクション All Rights Reserved.

PAGE TOP